グループウェアの活用のために

グループウェアの活用のために

グループウェアを導入しようとする時にしっかりと考えておかなければならないのは、そのグループウェアを活用してどのようなことをしたいのかという具体的なビジョンです。


現在の状況で花解決できない何らかの問題を解決するためのビジネスツールとしてグループウェアを導入するという流れでないと、その豊富な機能を十分に活用することなく遊ばせてしまうことになりかねません。

どのようなプロジェクトでも計画が最も重要であるように、グループウェアに関してもそれを導入することによってどのような効果が期待されるか、またどのような解決が出来るのかを明確にすることで評価する必要があります。



最悪の導入方法というのは非常に多機能なのでとりあえず購入してから使い道を考えようという導入方法です。

この様な問題を引き起こさないようにするためには導入前にどのように使用するのかをしっかりとデザインすることと、可能であれば購入前に試験運用してみることです。

Yahoo!ニュースに関してはこちらのサイトをご覧ください。

まともな商品であれば業者が試用版を提供したり、デモンストレーションとして時際に動いている実機を使って使用感覚を確認させてくれるものです。

そのような検証の機会を経てから検討をするのが本来の業務のながし方なのです。



この様な手順をどこか飛ばしてしまうと、折角の機能を活かすことが出来ず、眠らせてしまうという運用になりかねません。

グループウェアは道具ですのでそれを使いこなす優秀な使い手が必要なのです。